クレジットカードの利用でも過払い金請求できる?注意点は?

クレジットカードの利用でも過払い金請求できる?注意点は?

クレジットカードでも利息制限法を超える金利で返済していた場合、過払い金請求ができます。過払い金請求とは、払い過ぎた利息を取り戻すことです。しかし、いくつかの注意点もあるのでご紹介します。

クレジットカードの利用で過払い金請求ができるケース

賃金業者による金銭の貸与は、利息制限法により、利率の制限が定められています。元本が10万円未満の場合は年利20%、元本が10万円以上100万円未満の場合は年利18%、元本が100万円以上の場合は年利15%となっています。

利息制限法の他に、出資法という法律があります。出資法も賃金業者を規制する法律ですが、以前、利息の上限は29.2%となっていました。利息制限法と出資法の間の金利は、グレーゾーン金利と呼ばれていました。

2010年に賃金業法が改正されて以降、出資法の上限金利も20%になりましたが、それまでの間、賃金業者はグレーゾーン金利を適用していました。過払い金請求とは、このグレーゾーン金利で支払った金利を取り戻すことをいいます。

クレジットカードでの借金であっても、過払い金請求を行うことができます。

また、リボ払いであっても、キャッシングであれば過払い金請求を行うことができます。ただし、法定金利を超える利息を支払っていた場合に限ります。リボ払いとは、借入残高に応じて、一定の金額を支払う方式です。

過払い金問題が発生した2007年あたりから、クレジットカード会社は法定内の金利に切り替えているところが多いため、2007年以降の取引に関しては、過払い金が発生していないことが多いです。

また、過払い金問題で経営が不安定になり、倒産してしまった会社に対しては過払い金請求を行うことはできません。

クレジットカードの利用で過払い金請求ができないケース

クレジットカードの利用には、キャッシングとショッピングがありますが、クレジットカードで過払い金が発生するのは、キャッシングで借り入れをした場合に限られます。

キャッシングは借金ですが、ショッピング枠で利用した賃金は立替金と解釈されるので、過払い金が発生することはありません。そのため、過払い金請求をすることはできませんので注意しましょう。

過払い金が発生している可能性のあるクレジットカード会社と当時の金利

エポス、セゾン、ニコスなど、過払い金が発生している可能性のある代表的なクレジットカードを以下に紹介します。

エポスカード

エポスカードは、クレジットカードの過払い金請求件数が一番多い業者となっています。エポスカードの当時の利息は27%で、2007年以前にキャッシングをしていた場合は、過払い金発生の確率が高いです。

セゾンカード

セゾンカードの当時の利息は24~29%前後で、2007年以前にキャッシングをしていた場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。

オリコカード

オリコカードで2007年以前にキャッシングをしていた場合は過払い金が発生している可能性があります。

ニコスカード

ニコスカードの当時の利息は19~29%前後で、2007年以前にキャッシングをしていた場合は過払い金が発生している可能性が高いです。

セディナ

セディナの当時の利息は28%前後で、2007年以前にキャッシングをしていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。

イオン

イオンの当時の利息は29%前後で、2007年以前にキャッシングしていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。

ニッセン

ニッセンの当時の利息は29%前後で、2007年以前にキャッシングをしていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。

アプラス

アプラスの当時の利息は21~29%で、2007年以前にキャッシングをしていた場合は過払い金が発生している可能性があります。

クレジットカードの過払い金請求をする際の注意点

ショッピング枠利用で残高がないかどうか注意

ショッピング残高が残っている場合、過払い金請求ではなく、債務整理扱いとなるケースもあるので注意が必要です。ショッピング利用分を完済した状態を確認しましょう。また、ショッピング残高の多い方は、ブラックリストにのる可能性があります。

ブラックリストとは、事故情報として金融機関の個人信用情報に載ることを指し、登録された状態をブラックリストに載ると言います。

ブラックリストに登録されると、新規のクレジットカードの発行ができなくなったり、ショッピングローンなどの利用も制限されることになります。

ブラックリストに載らないためには、過払い金請求を行う前に、ショッピングの支払いを終わらせることをおすすめします。

また、ショッピング枠で、携帯電話や公共料金の引き落としなど、定期的な引き落としがある場合、事前に引き落とし先の変更をしていないと、和解交渉が進められませんので確認しておきましょう。

過払い金請求をしたクレジットカード会社のカードは使えなくなる

過払い金請求を行ったクレジットカード会社のカードは利用できなくなります。ただし、完済した後の過払い金請求であれば、他のクレジットカード会社でカードを作ることは可能です。

過払い金請求の時効が成立する日がはっきりしない

過払い金請求には時効があります。それは、借り入れを完済した日から10年となっています。

ただし、完済したあとにカードの年会費を払い続けていた場合、その期間中は取引が継続しているものとみなされ、時効が進行していないと判断されたケースもあるので諦めずに、司法書士や弁護士などの専門家に相談をしましょう。

リボ払いは過払い金が多く発生している可能性が高い

リボ払いは、追加利用しても毎月の返済額が変わらないので、月々の負担が少ない代わりに、金利がかさんでしまうのが特徴です。

過払い金請求の手続きは、調べることが多く、業者とのやり取りや和解交渉なども行わなければならず、個人でやるのはなかなか大変なことです。

また、和解が進まない場合、裁判になることもあります。まずは、司法書士や弁護士などの専門家に過払い金の調査を依頼してみてはいかがでしょうか?

クレジットカードの過払い金請求についての参考サイト

弁護士法人きわみ弁護士:クレジットカードは過払い金の対象?返還請求の注意点と業者一覧

司法書士法人杉山事務所:クレジットカードの過払い金請求で知らないと損する注意点

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所
  • No.2
  • 司法書士法人さくら事務所

過払い金請求の基本情報