エポスカードの評判や特徴

エポスカードの評判や特徴

クレジットカードにはたくさんのサービスが存在しますが、現在はいろいろなカードが存在するため選定に迷うという方もいるのではないでしょうか。

結局は自分に合っているカードを選択することが大事なので、情報を整理して申し込みを行ことをお勧めします。
本稿では、エポスカードに関する情報を説明していきます。

エポスカードのクレジットカード会社名・概要

エポスカードは、株式会社エポスカードが運営しているクレジットカードのことです。

株式会社エポスカードは株式会社丸いグループの子会社であり、もともとは「マルイカード」という名称でした。
この名称になったのは2006年からで、、現在は600万人を超える会員を獲得しています。

エポスカードの特典やサービス内容

5000以上の店舗で割引サービスを受けることができる

エポスカードの最大の特典は、何といっても様々な店舗で優待を受けることができることにあります。
エポスカードの提示による優待を行っているなんと5000店舗にものぼり、様々なところで利用することができるのです。

ただ多いだけではなく店舗のバリエーションにも富んでおり、ショッピングや飲食店の利用はもちろんのこと、遊園地の利用やイベントの申し込みに関しても対応しています。
外に出て買い物をしたり食事する機会が多い人からは非常に高い評判を獲得していて、実際にその恩恵は大きいです。

一方で、クレジットカードを利用することによるポイント還元自体は200円につき1ポイントとあまり高くありません(3回以上のリボ・分割払いなら200円につき2ポイント)。
ポイントを多く獲得することを目的として買い物を行いたいという場合は、他のカードと比較した上での選択になりますが、お店での割引を重視する場合はエポスカードは有力な選択肢になります。

海外旅行をサポートする保険がついているので、積極的に海外に行く人にも有利な点が

次の特典は、海外旅行に際して海外旅行傷害保険がついてくることです。
VISAブランドにより世界中に対応しているエポスカードですが、そのサービスは海外旅行にのサポートにまで及んでいます。

一番大きなサポートはやはり病気に対する即座の対応を受けられる点であり、現地の緊急病院での入院や、医療費の負担を行ってくれるのです。
海外旅行が趣味の人はもちろんのこと、人生の節目に海外に遊びに行くという人にも非常にマッチするサービスとなっています。

親会社の丸井ならではの恩恵が

次の特典は、親会社の丸井で大きな割引サービスを受けられる点です。
丸井ではエポスカードの会員限定で「マルコとマルオの7日間」というサービスが設けられていて、その期間中に丸井で買い物をすれば通常の価格よりお得な価格で10%OFFで利用できるのです。

年会費永年無料なので、気軽に申し込むことができる

これだけの充実サービスが入っているので当然年会費も気になってくるところですが、エポスカードは年会費永年無料なので、持っているだけでお金を支払う必要はありません。
つまり無料で5000店舗の割引サービスや海外旅行保険を得ることができるということであり、所持しているだけでは得をする面しかないのです。

もちろん、クレジットカードであるがゆえに審査を通らなければ会員になることができないということに関しては、留意しておかなければなりません。
一応「日本国内在住の満18歳以上」という条件を満たしていれば誰でも申し込むことができますが、それと審査結果は当然別物になってきます。
申し込みに関しては丸井に直接赴いて申し込む方法に加えて、スマートフォンを利用して申し込む方法がありますので、自宅からも申し込みは可能です。

さらなるサービスを受けたい場合はエポスゴールドカード

エポスカードには年会費5000円のエポスゴールドカードが存在し、非常に充実したサービスを受けることが可能です。
ゴールドで受けることができる一番の恩恵は、ショッピングにおける獲得ポイントの上昇であり、エポスカードよりもポイントを獲得できます。

それ以外にもゴールドのみの優待や海外旅行傷害保険自動付帯の更なる充実など、単純にエポスカードをパワーアップした要素が多いので、「もっとサービスを受けたい」と考えている人にうってつけです。

最初からゴールドで申し込むことも、エポスカードをゴールドに変更することも可能になっています。

エポスカードで発生した過払い金請求は可能なのか

エポスカードはグレーゾーン金利を適用していたため、過払い金発生の可能性がある

クレジットカードで発生した過払い金は、キャッシング枠に限り請求することができます。
エポスカードは法定金利を超える所謂「グレーゾーン金利」を適用していた時期があったため、その時期にキャッシング枠を利用していた人は過払い金が発生している可能性が高いといえるでしょう。

過払い金は法定金利を遵守することを徹底した法律が施行される前の2007~08年以前の借金に対して発生するので、2009年以降からキャッシング枠利用した人には過払い金は発生しません。

過払い金には時効があるので要注意

過払い金には最終取引から10年という時効が存在し、過ぎてしまえば基本的に請求することができなくなります。
(最終取引とは基本的に借金を完済した直後のタイミングですが、その後再借り入れを行ったり、クレジットカードのように年会費を支払っている、といったケースは取引が継続していると見做される場合があります。)

2017年現在ほとんどの過払い金が時効に近づいているので、じっくりと請求することは不可能ということも頭に入れておきましょう。

過払い金請求は専門家に依頼することも可能

過払い金請求に関しては個人でも会社側に請求することができますが、そのためにはいくつもの手続きや準備が必要になりますし、会社側との交渉も求められます。
自分だけで行うのは難しいと思っている場合は、弁護士や司法書士といった専門家に依頼することをお勧めします。

過払い金請求にはデメリットが存在

過払い金請求に関してはデメリットが存在することも留意しておかなければなりません。
過払い金請求とは基本的に借金を完済している時に行うものと位置づけられているので、借金返済中に過払い金請求を行うことは任意整理と判断されます。

任意整理を行うとその情報は信用情報機関に記録されて5年ほど残ることになりますが、信用情報機関にこのような事故情報が掲載されることはよく「ブラックリストに載る」と言われています。

借金を完済している場合はなにも問題はありませんが、借金返済中の場合はよく考えて請求を決断するようにしましょう(戻ってきた過払い金で借金を完済できた場合は、事故情報は即座に消されます)。

なお、クレジットカードにおける借金はショッピング枠とキャッシング枠の両方を指します。
過払い金請求ができるのはキャッシング枠のみだからといってショッピング枠の利用残高を完済せずに過払い金請求を行った場合は、返済中の請求(任意整理)と判断されるので注意しましょう。

最後に、エポスカードに限った話ではありませんが、過払い金請求を行ったクレジットカード会社のカードは解約となり、再び申し込むことも基本的に不可能なので、その点も留意しておかなければなりません。

クレジットカードの過払い金請求についての参考サイト

弁護士法人きわみ弁護士:クレジットカードは過払い金の対象?返還請求の注意点と業者一覧

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報