ファミマTカードの評判や特徴

ファミマTカードの評判や特徴

ファミマTカードの評判や特徴
クレジットカードは、現在たくさんの種類のものが作成されています。
発行している企業の親会社によっては、なかなか見ることのできないサービスを受けることが可能です。
人によってどのサービスが合致するかは違いますから、ひとつひとつを調べて申し込むカードを決定するといいでしょう。

本稿では、ファミマTカードについての説明を行っていきます。

ファミマTカードのクレジットカード会社名・概要

ファミマTカードは、株式会社ファミリーマート・カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社・ポケットカード株式会社の3社が提携して発行しているポイントカード要素を含んだクレジットカードです。

クレジット機能付きとクレジット機能なしの二つのものがありますが、基本的に18歳以上の人はクレジット機能を有しているファミマTカードに申し込むことになります(高校生は除く)。
一方、審査の結果次第では18歳以上であってもクレジット機能なしのカードが発行されるケースがあるので、注意が必要です。

ファミマTカードの特典やサービス内容

Tポイントのため、扱いやすいのがメリット

ファミマTカードは、その名前の通り決済を行うことでTポイントを貯めることができます。
Tポイントと言えば現在幅広い店舗が提携し、とても貯めやすくなっているポイントですが、メリットは貯めやすさだけではありません。

クレジットカードのポイント獲得サービスは昨今どこのカード会社も実施していますが、その多くがカード会社の独自ポイントを採用しています。
独自ポイントは提携している他企業の採用している別の独自ポイント等に変更することができるものの、そのためには手続きも必要になりますし、時間が掛かることもあるのです。

一方で、Tポイントはポイントそのものと提携している企業が数多いこともあり、特に変更の手続きをすることもなくすぐ使用することができます。
これはポイントサービスを広い範囲で共有しているTポイントならではの利点であり、面倒な手続きをしたくない人にお勧めのカードです。

また、ファミマTカードはJCBブランドのクレジットカードのため、JCBの加盟店で使用できポイントを200円につきクレジットポイントを1ポイント獲得できます。

ファミリーマートの利用に際しては、様々なサービスがついてくる

ファミマTカードは、ファミリーマートでの買い物で通常以上のポイント獲得が期待できるクレジットカードです。
ファミリーマートでの買い物は通常200円=1ポイントとそこまで高いというわけでもありませんが、毎週火曜日と土曜日の「カード日」に提示すると通常の3倍のショッピングポイントが獲得できます。

加えて、会計をクレジット決済で行うと通常の2倍クレジットポイントを獲得できるので、実質的に3倍+2倍で5倍のTポイントを獲得できるのです。
ファミリマートは全国各地に店舗があるコンビニエンスストアですからどこでも買い物でき、簡単にポイントを増やすことができます。

利用額に関するサービスも設けられており、ファミマTカードは「ファミランク」に応じて最大3倍までポイントレートを引き上げることが可能です。
「ファミランク」とはファミリーマートでの1カ月の買い物金額に応じてブロンズ・シルバー・ゴールドにランクが分かれる制度で、それにより翌月のポイントレートが変わります。
詳細は
ブロンズ(4999円以下) 200円=1ポイント
シルバー(5000円~14999円) 200円=2ポイント
ゴールド(15000円以上) 200円=3ポイント
となっています。

ファミリーマートで日常的に買い物をする場合は月15000円の買い物はそこまで大きなハードルではないため、ファミリーマートの利用回数が多い場合は必ず持っておきたいカードです。

また、ファミマTカードは「若者応援」という25歳以下の方の利用に際してクレジットポイントの2倍増サービスも行っていますので、若年層の方ならさらにお得が上乗せされます。

年会費無料で審査も厳しくないなど、若者向けの要素が多い

ファミマTカードは年会費無料で利用することができるため、クレジットカードにお金を掛けたくない場合もお勧めのクレジットカードです。
加えて、クレジットカードの審査自体もそこまで厳しくないとされているので、初めてクレジットカードの申し込みを行う人にもうってつけといえます。

前述の「若者応援」サービスや、TSUTAYAレンタル入会金無料クーポンのプレゼントなど、総じて若年層の人にとってお特区な要素が多いので、申し込んでみる価値は高いです。

一方でファミマTカードの支払いは、リボ払いに固定されることについては留意しておく必要があります。
どのクレジットカードにも共通していますが、どの支払いであっても使いすぎると支払うことができなくなるリスクは増えていきますので、自分のクレジットカード利用額に関しては逐一確認することをお勧めします。

ファミマTカードに対して過払い金請求は可能?

できた時期を考えると、発生の可能性は基本的にない

クレジットカードで発生した過払い金は、キャッシング枠に限り請求することができます。

過払い金が発生する条件は、法定金利を超える「グレーゾーン金利」を適用していた場合です。
この「グレーゾーン金利」は、2008年ごろから厳しく取り締まる法律が施行されたので、それ以前から撤廃を行うカード会社が増えることになりました。

ファミマTカードは撤廃の流れが活発化した2007年で発行されたクレジットカーであり、キャッシング枠の金利に関して利息制限法に則ったものを適用しているため、基本的に過払い金が発生しないので請求もできません。

ファミマTカードの提携しているポケットカード株式会社のクレジットカードに関しては、「グレーゾーン金利」を適用していたものがあったため、請求できる可能性があります。
しかし、過払い金を請求したカード会社のクレジットカードは全て解約になるので、ポケットカードに過払い金を請求するとファミマTカードも解約になるのです。

過払い金請求には直接関係ないファミマTカードですが、このような問題についてはしっかりと理解しておく必要があります。

時効に関しても請求の上で注意しなければならない

過払い金請求の際は、時効についても考慮する必要があります。
過払い金の時効は最終取引から10年のため(借金完済時が最終取引のタイミング。ただし一度完済した後に再借入れをしている場合は、取引継続とされる可能性がある)、過ぎてしまうと例外(貸金業者側に不法行為があった場合)を除いて請求はできません。

前述の通り、「グレーゾーン金利」は基本的に2008年以前のもののため、現在の過払い金はそのほとんどが時効を経過したか、直前に迫っている状態です。
スピード解決が必要になるので、専門家に依頼して過払い金請求を頼むことも有力な選択肢になります。

□借金返済中の過払い金請求にはリスクが

借金返済中の過払い金請求は、任意整理という法律行為にあたります。
任意整理は信用情報機関に記録が載ってしまう事故情報であり、5年ほどその記録は残り続けます(ブラックリスト)。

このため、「過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう」と警戒する人がいますが、借金を完済している状態で請求すれば載ることはないので、安心して請求することができます。

クレジットカードの過払い金請求についての参考サイト

弁護士法人きわみ弁護士:クレジットカードは過払い金の対象?返還請求の注意点と業者一覧

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報