オリコカードの評判や特徴

オリコカードの評判や特徴

クレジットカードを選定することに悩む人が増えてきています。
昨今は非常に多くの企業がクレジットカード事業を展開しており、独自のサービスを打ち出すことで会員を獲得している状況です。

最近はクレジットカードのみ支払いを受け継ている有料サイトが存在したりと1枚も持っておくとかなり便利ですから、積極的に使用しなくてもクレジットカードを持っておく意義はあります。

本稿では、オリコカードに関する説明を行っていきます。

オリコカードのクレジットカード会社名・概要

オリコカードは、株式会社オリエントコーポレーションが発行しているクレジットカードのことです。

株式会社オリエントコーポレーションといえば信販会社の大手であり、銀行カードローンの保証会社としても知られています。
カード名になっているオリコとはオリエントコーポレーション略称のことです。

オリコカードの特典やサービス内容

100円で1ポイントになる還元率

クレジットカードのサービスと言えば、利用した時にポイントが貯まり還元することができる点です。

オリコカードは基本的に100円で1ポイントの還元率になっているため、気軽に買い物をしているだけでそれなりにたまっていくようになっています。
JCB・VISA・マスターカードの三つのブランドを利用できるため対応している店舗は非常に多く、至る所でポイントを貯めることができます。

オリコモールでの買い物ではポイント還元率がさらにアップ

上記のように一定の還元率があるオリコカードですが、オリコモールに掲載されている店舗で買い物をするとさらにポイントを獲得できるようになっています。

最大で15%にまでになるため、基本が1%ということを考慮するとかなり大きなメリットです。
もちろん常時15%というわけにはいかず、店舗の状況によって詳細はまちまちなのですが、オリコモールで買い物を積極的に行う人なら手に入れておきたいです。

オリコモールに対応している店舗は600以上と多く、中にはAmazonや楽天市場(一部店舗限定)といったネットショップにも対応しています。
家の中でポイントをどんどん貯めていくことができるので、外に出て買い物をする時間が無い人にも重宝します。

敷居が低く、お得にポイントを貯めて還元することができるのがオリコカードが評判を受けている最大の要素なのです。

オリコカードで獲得したポイントはAmazonやiTunesなどに使用することができる

クレジットカードを利用して獲得したポイントはどこで使えることができるのかもよく議論になります。
オリコカードはAmazonギフト券を始めとして、iTunesギフトコードやANAマイレージクラブなど様々な商品券やその他サービスのポイントに交換することができるので、獲得したポイントは実際のお金の感覚で使用できます。
加えて、ポイント交換は一部を除いてリアルタイムで行われるため、時間を掛けずに交換したポイントを使用することが可能です。

ポイント交換については様々な対応店舗によって異なってきますので、その点については事前にチェックしておく必要があります。

ETCカードとしても使用可能

オリコカードは、ETCカードとしても利用することができます。
高速道路を走行する際の手間が掛からないだけでなく、通常の買い物と同様に100円1ポイント付与のサービスがついているのでお得です。

年会費永年無料な上、家族カードのサービスが存在

オリコカードは会員になるだけなら永年無料で利用することができるため、コスト面を重視してクレジットカード選びをする人にも嬉しい存在になります。

現在は入会することでサービスポイントが付与されることになっているので、それを目的として申し込むのもアリですし、他のクレジットカードを持っている状況でも申し込みが可能です。

また、オリコカードは3名までが家族カードの会員になることができ、家族全体でカードを利用することができます。
家族カードは家族単位でのサービスに加えて、直接の年収が無い人でも審査に通ることができるようになるというメリットがあり、直接の収入が無い配偶者や学生でも審査突破できるのです。

オリコカードで発生した過払い金の請求は可能なのか

かつてはグレーゾーン金利を適用していたオリコ

クレジットカードはキャッシング枠で発生した過払い金に限って請求することができます。
オリコカードは法定金利を超える所謂「グレーゾーン金利」を適用していた時期があったため、この時期にキャッシング枠を利用していた場合は過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が発生しする時期は2007,08年以前

過払い金は法定金利を遵守することを徹底した法律が施行される前の2007~08年以前の借金が当たります。
そのため、それ以降にキャッシング枠を利用していた人には過払い金は発生しません。

時効が存在するので要注意

過払い金には最終取引から10年という時効があり、請求に関してはリミットが設けられています。
最終取引とは基本的には借金を完済してからの期間があたりますが、完済後に再借り入れを行った場合は取引が継続していると見做されることがあり、その点に関してはややこしい問題です。

クレジットカードの場合は年会費を支払っていると取引継続と判断されるケースがありますが、年会費を支払っていない場合はあまり関係がありません。

過払い金が発生しているのが2007~08年以前と考えると2017年現在は多くの過払い金が時効に近くなっています。
請求に関してはスピードが要求されますので、専門家に依頼して過払い金の回収をしてもらうことも有力な選択肢です。

借金返済中に過払い金を請求するとブラックリストに載る可能性がある

過払い金請求とは基本的に借金を完済している時に行うものと位置づけられているので、借金返済中に過払い金請求を行うことは法律上任意整理として判断されます。

戻ってきた過払い金で借金を完済できる場合はすぐに消されるため問題ありませんが、過払い金で借金を完済できないと「任意整理を行った」という事故情報が信用情報機関に記録されて5年ほど残ることになるのです。

事故情報が掲載されることは巷ではブラックリストと呼ばれ、実際にいくつかの弊害があります。
しかし、任意整理はブラックの中でも軽いもので時期も短いため、借金がかさんで手が回らないという場合は、ブラックになる以上に借金を減らせるメリットの方が大きいということもあるのです。
自分の状況と照らし合わせて、請求を判断することが重要と言えるでしょう。

クレジットカードの過払い金請求に限った注意点も存在

借金を完済している人はリスクなく過払い金請求をすることができますが、クレジットカードの場合はその他の注意点がいくつかあります。

一つは、クレジットカードにおける借金はショッピング枠の借金も完済しておく必要があることです。
ショッピング枠から請求できないからといって、利用残高を返済しないと返済中の過払い金請求(任意整理)とされて、自分が知らないうちにブラックに・・・ということもあるので、ショッピング枠の利用残高は請求前に確認しておきましょう。

もうひとつは、過払い金請求を行ったカード会社のクレジットカードは解約となることです。
一つしかもっていない場合は非常に不便なので、事前に別の会社のカードを作成しておくなどの対策が必要になります。

クレジットカードの過払い金請求についての参考サイト

弁護士法人きわみ弁護士:クレジットカードは過払い金の対象?返還請求の注意点と業者一覧

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報