【消費者金融の口コミ評判】 アコム

【消費者金融の口コミ評判】 アコム

アコムから過去にお金を借りており、過払い金請求や再借り入れを希望する人、借金返済中だがこれからアコムでお金を借りようとしている人、様々な人がいます。
今回は、そんな人たちに向けて、口コミや評判なども交えてアコムのことを紹介したいと思います。

アコムの過払い金請求

アコムの上限金利

過払い金返還請求で鍵となってくるのが、上限金利です。
アコムは利息制限法に則り、2007年6月に上限金利の改正を以下のように実施しました。

期間 上限金利(実質年率)
~2007年6月17日 27.375%
2007年6月18日~ 18%

利息制限法では、借入金額に応じて上限金利が年18%~20%に制限されているため、現在は合法となっています。
しかし、2007年6月17日までは利息制限法に違反をしている状態であり、年20%~27.375%の間の金利で発生した利息、過払い金があります。

アコムで過払い金請求ができる人

アコムで過払い金返還請求を起こせる人は、以下に該当する人たちです。

①2007年6月17日以前からアコムで借入をしている
こちらのケースでは、現在返済中の方も対象となっています。
2007年6月17日以前に借りたお金を現在返済中で、最後の返済から10年間経過していなければ、過払い金請求の権利はあります。

②完済してから10年以内
こちらの場合、原則としてアコムからの借金を完済した人に限られます。
完済をしてからでも、過払い金請求はできます。
ただし、以下のようなケースが考えられます。

借入日 完済日
取引その1 2001年10月1日 2003年10月1日
取引その2 2004年1月1日 2008年1月1日

原則論でいいますと、2017年現在、「取引その2」は完済してから10年以内ですので、過払い金返還請求の権利がありますが、「取引その1」はその権利が消滅しています。
しかし、「取引その1の完済日」と「取引その2の借入日」の間が3か月程度しか空いておらず、この2つの取引が一連の取引とみなされれば、取引その1の完済日は2008年1月1日となり、返還請求の権利が復活する可能性があるのです。

アコムで過払い金請求をする方法

ここでは、アコムで過払い金請求を起こす流れを見ていきましょう。

①取引履歴を取り寄せる
まずは、アコムでの借り入れや返済をまとめた取引履歴をアコムから取り寄せましょう。
アコムのお客様センターに電話すればいいのですが、取引履歴が開示されないうちに、アコムの担当者が和解交渉を始めるかもしれません。
スピーディーに問題解決したいならそれでもいいかもしれませんが、取引履歴がないと正確な過払い金が計算できないため、できれば取引履歴を取り寄せましょう。

②引き直し計算をする
2~3週間程度で取引履歴が手元に来るかと思いますので、それをもとに「引き直し計算」をします。
引き直し計算には専用のツールが必要ですが、無料で公開されているツールもあります。
3時間もあれば計算は終わりますが、計算が面倒なら弁護士に依頼をするといいでしょう。

③和解交渉をする
引き直し計算をして過払い金が確定したら、再びアコムのお客様センターに電話をして、和解交渉開始です。
アコムでは、相手によって過払い金の返還割合が以下のように異なります。

交渉相手 返還割合
本人 過払い金の半額
代理人(弁護士など) 過払い金の80%

弁護士に依頼をした方が返還割合は高くなりますが、それでも満額返還とはならないようです。
提示された金額で納得がいけば和解成立ですが、納得いかなければ訴訟を起こすしかありません。

④訴訟を起こす
過払い金の金額によって、訴訟を起こす場所が以下のように異なります。

過払い金の金額 訴訟を起こす場所
~140万円 簡易裁判所
140万円~ 地方裁判所

原告の居住地域の裁判所、もしくは被告(アコム)の本社がある東京の裁判所で訴訟を起こします。
必要書類は、以下の通りです。

・訴状
・過払い金請求書
・取引履歴
・引き直し計算書
・アコムの登記簿謄本

訴訟を起こしても、半年~1年程度で過払い金が返還されます。

アコムとブラックリスト

かつては、アコムで過払い金請求を起こすと、信用情報機関(借入の詳細な記録を管理している機関)に事故情報(いわゆるブラックリスト)登録されてしまいましたが、現在では過払い金請求を起こしてもブラックリスト入りはしません。

アコムの加入している信用情報機関

現在、日本にはKSC、JICC、CICという3つの信用情報機関があり、それぞれ以下のような特徴があります。

・KSC:銀行や銀行系クレカ会社が加盟
・JICC:消費者金融業者の約8割が加盟
・CIC:クレカ会社や銀行、一部消費者金融が加盟

アコムではこのうち、JICC、CICの2つ(クレジットカード事業はCICのみ)に加盟しています。

ブラックリスト入りする条件

信用情報機関に以下のような情報が登録されると、ブラックリスト入りしてしまい、新規借り入れはもちろんのこと再借り入れもできません。

・延滞:3か月以上返済が滞る
・強制解約:消費者金融から強制的に契約を解除される
・任意整理・特定調停:貸金業者と交渉して借金を減額する
・個人再生:裁判所に申し立てをして3年間で完済を条件に借金減額
・自己破産:借金を帳消しにする

ブラックリスト入りする期間

では、以上のことに該当すると、どれくらいの期間ブラックリストに登録されるのでしょうか。
事象によって、そして信用情報機関によって期間は以下のように異なります。

事象 登録される期間
延滞 ・延滞解消後最長5年間(CIC)
・延滞解消後最長1年間(JICC)
強制解約 強制解約後最長5年間
任意整理・特定調停 最長5年間(登録のタイミングは貸金業者によって異なる)
自己破産・個人再生 最長5年間

ちなみに、アコムが加盟していないKSCでは、自己破産・個人再生で最長10年間となっており、ブラックリスト情報は全ての信用情報機関で共有されるため、延滞は「延滞解消後最長5年間」、自己破産や個人再生は最長10年間と考えておくといいでしょう。

「社内ブラック」に注意

KSC、JICC、CICといった信用情報機関のブラック情報は、未来永劫残り続けるわけではありません。
ただし、アコムには信用情報機関のブラック情報以外にも、社内ブラック情報があるとされ、社内ブラック情報は半永久的に記録が残り続けます。
しかも、社内ブラックの登録条件は、信用情報機関のブラック情報登録条件よりも厳しく、3か月以内の延滞でも社内ブラックでは登録されてしまいます。

アコムで再借り入れしなくても影響がある社内ブラック

「アコムで再借入れしなければ、社内ブラックは関係ないんじゃないの」と考えている人もいるかもしれませんが、とんでもありません。
アコムでは、消費者金融事業以外に「保証事業」も行なっており、銀行の信用保証も担当しています。
個人向けの小口融資にさほど強みのない銀行に代わり、ノウハウ十分なアコムが審査などを行なうのが保証会社です。
アコムが保証会社を務めている銀行カードローンは、以下のようにたくさんあります。

・三菱東京UFJ銀行
・セブン銀行
・じぶん銀行
・北海道銀行
・山形銀行
・足利銀行
・常陽銀行
・北陸銀行
・伊予銀行

アコムで社内ブラックに登録されている状態で、以上の銀行カードローンに申し込んだとしても、審査に通るのは極めて困難です。

まとめ

アコムは、過払い金請求に対しては比較的真摯な対応をとっています。
審査通過率も、他の大手消費者金融よりも高いので、借りやすいと言えます。
ただし、保証会社となっている銀行カードローンが多いため、社内ブラックには要注意です。

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報