アイフルへの借金を返せなくなったら債務整理で解決

アイフルへの借金を返せなくなったら債務整理で解決

CMでもおなじみのアイフルは親しみやすい消費者金融ですが、計画的に利用しなければ、借金の返済が困難になってしまうことは言うまでもありません。アイフルから借りたお金が返せなくなったときには、そのまま放置しておくのではなく、早めに債務整理を考えましょう。債務整理の中でも比較的デメリットが少ないのが任意整理になります。ここでは、アイフルの任意整理について説明します。

アイフルの支払いができなくなってしまった場合の解決方法

アイフルから借りたお金の返済ができなくなったとき、そのまま放置していれば延滞となり、遅延損害金で借金が膨らんでしまいます。毎月の返済が困難になったなら、早めに債務整理を考えるのがおすすめです。任意整理とは、アイフルと交渉し、借金を減額してもらったり、支払いを猶予してもらったりする手続になります。任意整理なら裁判所を通さずにできますから、スピーディーに問題が解決します。

債務整理(任意整理)をおすすめするメリット

督促がストップします

アイフルの債務整理をご依頼いただいた場合には、交渉を開始する前段階として、司法書士からアイフル宛に受任通知を送ります。受任通知は司法書士が債務整理について一切の手続きを任されたことを通知する書面で、アイフル側はこれを受け取った後は借金している本人に直接督促することができません。すなわち、司法書士に債務整理を依頼するだけで、すぐに取り立てをストップさせられるというメリットがあります。

毎月の支払いが楽になります

任意整理では、毎月の返済額や返済回数を変更し、アイフルと新たな契約を締結し直すことになります。任意整理後の返済額は、毎月無理のない範囲に設定し直すことができますから、月々の負担を軽くすることができます。将来の利息についてはカットしてもらえるケースが多いですから、利息ばかり払って元本が一向に減らないという不安からも解消されます。

アイフルに債務整理をした場合の効果(アイフルの任意整理に対する対応)

過払い金があれば借金を減らせる

グレーゾーン金利を違法とする貸金業法の改正を受けて、アイフルが金利の引き下げを行ったのは2007年8月1日になります。アイフルでは2007年7月31日以前は上限28.835%の金利が設定されていましたから、この時期にアイフルと契約して取引を続けてきた人は、過払い金が発生している可能性があります。
アイフルの任意整理を行うときには、まず、取引履歴を取り寄せて、過払い金の有無を確認します。もしアイフルに過払い金があれば、その過払い金で残りの借金を返済する扱いになりますから、借金の残額が減ることになります。

将来利息をカットしてもらえる

アイフルの任意整理をする際には、将来の利息を免除してもらえるよう、アイフル側に申し入れて交渉します。司法書士が交渉する場合には、返済の遅れが多いなどの事情がない限り、通常は利息カットに応じてもらえます。

分割払いに応じてもらえる

任意整理では、残った借金を毎月無理のない返済額で分割払いする契約をし直すことになりますが、あまりに返済期間が長くなるようであれば交渉が難しくなります。アイフルでは、原則3年(36回)以内の返済が必要になりますが、ご本人の収入などの状況によっては、4年(48回)から5年(60回)の分割払いにすることも可能です。

返済を滞納していた場合は?

既にアイフルの借金を延滞している場合でも、任意整理は可能です。ただし、利息カットや返済回数などの条件が希望どおりにはいかなくなることもありますから、できる限り延滞をする前に任意整理を考えるのが賢明です。

アイフルの債務整理をすることを迷っている方へ

ブラックリストは怖くない

任意整理をすればアイフルの借金の悩みが解決することが多いですが、任意整理にもデメリットはあります。いちばん大きなデメリットと言えるのが、任意整理により、ブラックリストに載ってしまうことです。
ブラックリストに載るとは、個人信用情報機関にいわゆる事故情報が登録されてしまうことを言います。債務整理(任意整理)をしたという情報も事故情報になりますから、ブラックリストに載ることになってしまい、ローンやクレジットなどの新規借入れが困難になります。
ただし、ブラックリストに載っている期間は5~7年程度となっており、その間を過ぎると信用情報も回復し、また借入れができるようになります。ブラックリストに載っている間は借金を増やすことなく生活の立て直しに専念できる期間と、前向きにとらえるのが良いでしょう。

アイフルとは?(アイフルの会社概要)

大手消費者金融のアイフルは、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウや、話題になったチワワのCMで、2000年代初め頃までは業績も好調でした。しかし、強引な営業活動や悪質な取り立てから2006年に業務停止命令を受けた後、貸金業法の改正により金利引き下げを余儀なくされ、経営状態が悪化しました。
一時は倒産を危惧されたアイフルですが、2009年には事業再生ADRを適用し、再建を図ってきました。銀行の支援を受けることにより、アイフルの経営状況は回復しつつあります。
アイフルでは、近年は人気お笑いコンビのバナナマンをCMに起用しているほか、女性向けカードローン「SuLaLi」などユニークな商品も打ち出しており、今も親しみやすいイメージを維持し続けています。

商号:アイフル株式会社
本社所在地:京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
設立:1978年2月
資本金:1,434億15百万円
登録番号:近畿財務局長(11)第00218号
(アイフルホームページより)

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報