セディナへの借金を返せなくなったら債務整理で解決

セディナへの借金を返せなくなったら債務整理で解決

セディナはオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークが合併してできた会社です。セディナカードのほか、OMCカード、セディナCFカード、セディナクオークカードなどを持っている人は、現在はセディナと取引していることと思います。
ここでは、セディナのカードでキャッシングしたけれど、お金を返せなくなった場合に、債務整理(任意整理)で解決する方法について説明します。

セディナの支払いができなくなってしまった場合の解決方法

セディナの借金の返済が困難になった場合には、そのままにしておくのではなく、早めに債務整理を考えるのがおすすめです。債務整理のうち比較的デメリットが少ない方法は任意整理になります。まだ早い段階なら任意整理が可能ですので、司法書士にご相談ください。

債務整理(任意整理)をおすすめするメリット

督促がストップします

債務整理に着手する際に、セディナに「受任通知」を送ります。受任通知はご依頼者様の債務整理の手続きを任されたことをセディナに伝える書面ですから、それ以降セディナからの連絡はすべて事務所を通すことになります。受任通知送付後は、ご依頼者様がセディナから直接督促を受けることもなくなりますから、落ち着いて手続きを進めることができます。

毎月の支払いが楽になります

セディナの任意整理をしても、借金がゼロになるわけではありません。しかし、任意整理では司法書士がご依頼者様を代理してセディナと交渉しますから、借金を減額してもらったり、支払いを猶予してもらったりすることができます。
具体的には、任意整理を行うことにより、残った借金の将来利息をカットし、毎月無理のない返済額で分割払いすることが可能になります。毎月の支払いの負担が軽くなりますから、少しずつ生活を立て直すことができます。

セディナに債務整理をした場合の効果(セディナの任意整理に対する対応)

過払い金があれば借金を減らせる

セディナの前身であるオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークでは、2007年頃まで、利息制限法の上限を超える金利(オーエムシーカードの場合28.8%)で貸付を行っていました。そのため、それ以前から取引のある人は、利息を払い過ぎており、過払い金が発生していることが考えられます。
任意整理では、過払い金が発生している人については、まず過払い金で残りの借金を返済して借金の残額を減らすことになります。任意整理をするだけで借金が大きく減ることがありますから、過払い金のある人にとっては大きなメリットになります。

将来利息をカットしてもらえる

セディナの任意整理をすれば、残った借金については将来発生する利息を払わずにすみます。元本のみを返済すればよくなりますから、高金利の負担を感じることもなくなり、精神的にも楽になります。

分割払いに応じてもらえる

任意整理では借金はゼロにはなりませんが、残った借金は分割で支払っていくことが可能です。毎月の返済額も、無理のない額に変更することができます。将来利息はカットになりますから、たとえ返済額が少なくても利息ばかり払うといったことにはならず、早く元本が減っていきます。
セディナでは、任意整理により原則5年(60回)以内での分割払いが可能になっています。それ以上の回数での分割にも相談に応じてもらえるなど、対応は比較的柔軟です。

セディナの債務整理をすることを迷っている方へ

ブラックリストは怖くない

任意整理をすると、ブラックリストに載ってしまうというデメリットがあります。ブラックリストに載るとは、信用情報機関に債務整理などのマイナスの情報が登録されてしまうことを言います。ブラックリストに載っている間は、どこの金融機関からもお金を借りるのが難しくなってしまいます。

と言っても、ブラックリストに載っている期間は5~7年程度ですから、それを過ぎればまた借入れができるようになります。生活の立て直しをすることを考えれば、借入れができないことはむしろ好都合ですから、あながちデメリットとも言えません。一時期ブラックになることを差し引いても、任意整理にはかなりのメリットがあります。

なお、ブラックリストとは関係なく、任意整理を行ったセディナの会社内には情報が残ってしまいますから、その後もセディナからの借入れは困難になってしまいます。セディナは三井住友フィナンシャルグループですから、同系列の三井住友銀行やプロミスからの借入れにも影響が出てくる可能性はあります。もちろん、他の金融機関からは借入れができますので、あまり心配する必要はありません。

セディナとは?(セディナの会社概要)

セディナの前身であるオーエムシーカード(OMC)は、1950年に株式会社丸興として設立されました。長年大手スーパーマーケットであるダイエーの傘下にあり、流通系クレジット会社として発展を遂げました。OMCは、1990年代からのダイエーの業績不振に伴い、2007年にはダイエーを離れ、三井住友銀行フィナンシャルグループ(SMFG)と提携。2009年には信販会社のセントラルファイナンス及びクオークと合併し、セディナとして新会社が発足しました。
セディナは長年のカード事業や信販事業で培ったノウハウを活かし、現在はSMFGのコンシューマーファイナンス事業の中核企業として、個人向け・法人向けサービスを提供しています。個人向けにはローン専用カードも発行しており、セディナカードローンでは7日間無利息キャッシングができるなど、利便性の高いものになっています。

会社名:株式会社 セディナ
本店所在地:名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
資本金:82,843百万円
事業内容:カード事業、信販事業、ソリューション事業、融資事業、その他
登録番号:東海財務局長(11)第00166号
(セディナホームページより)

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報