プロミスへの借金を返せなくなったら債務整理で解決

プロミスへの借金を返せなくなったら債務整理で解決

プロミスは昔からよく知られている消費者金融の老舗ですが、現在は「プロミス」は三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスが運営する金融事業のブランド名となっています。ここでは、プロミスのカードローンを利用し、返済が困難になった場合にはどうすればよいかを説明します。

プロミスの支払いができなくなってしまった場合の解決方法

プロミスの返済ができずに延滞してしまうと、それ以降は遅延損害金が発生し、借金がどんどん膨らんでしまいます。さらに、返せなくなった借金は、最終的にプロミスに給与差押えされ、強制的に回収されてしまう可能性もあります。プロミスの返済が困難になった場合には、早めに債務整理(任意整理)を考えるのがおすすめです。

債務整理(任意整理)をおすすめするメリット

督促がストップします

プロミスの債務整理を依頼した場合、事務所が依頼者様より債務整理を任されたという「受任通知」をプロミス宛に発送します。以降はプロミスからの連絡は事務所を通すことになりますから、依頼者様がプロミスから直接督促を受けることがありません。プロミスからの取り立てに悩む必要がなくなり、落ち着いて生活を立て直すことができます。

毎月の支払いが楽になります

任意整理では、借金を減額したり支払期限を延ばしたりすることが可能です。事務所の司法書士はプロミスに対し、借金の将来の利息をカットした上で毎月無理のない額で分割払いできるよう申し入れ、プロミス側と交渉します。任意整理により借金がゼロになるわけではありませんが、返済のめどが立たない借金を抱えている不安から解消されますから、将来の見通しが明るくなります。

プロミスに債務整理をした場合の効果(プロミスの任意整理に対する対応)

過払い金があれば借金を減らせる

プロミスでは、かつては上限25.5%のグレーゾーン金利で貸付を行っていましたが、平成19年(2007年)12月19日に上限金利を17.8%に引き下げています。すなわち、平成19年(2007年)12月19日より前からプロミスと取引していた方は、過払い金が発生している可能性があります。任意整理では過払い金で残りの借金を返済しますから、過払い金がある方は、借金の残高が大幅に減ることになります。

将来利息をカットしてもらえる

高金利のカードローンでは、毎月の返済額が少なければ、利息ばかりを支払うことになり、元本が一向に減りません。しかし、任意整理では将来の利息を払わなくてよくなりますから、元本が着実に減り、借金を早く完済できます。

分割払いに応じてもらえる

プロミスの任意整理では、過払い金での返済や将来の利息カットを行った後、最終的に残った借金の返済を原則3年(36回)以内の分割払いにしてもらえます。さらに、3年での返済が厳しい場合、交渉によっては5年(60回)までの分割払いも可能です。

返済を滞納していた場合は?

既にプロミスの借金を滞納している場合でも、任意整理による和解は可能です。延滞期間が長くなれば和解が困難になりますから、早めにご相談ください。

プロミスの債務整理をすることを迷っている方へ

ブラックリストは怖くない

貸金業者は信用情報機関というところで個人の信用情報(クレジットやローンの契約内容や利用状況)を共有しています。信用情報機関に事故情報(マイナスの情報)が登録されてしまうと、「ブラックリストにのった」を言われる状態になり、全ての貸金業者からの借入れが困難になります。信用情報機関に登録された事故情報は5~7年で削除されますが、ブラックリストにのっている間は新たな借入れができません。

新規でローンやクレジットが利用できないとなると不安になるものですが、その状態がいつまでも続くわけではありません。追加の借入れをしてしまえば生活の立て直しが困難になりますから、むしろ借金ができない方が好都合ととらえることもできます。返済を延滞し続けても結局ブラックリストにのってしまいますから、早めに債務整理を行った方が賢明と言えます。

なお、プロミスで任意整理をした場合、5~7年後にはブラックリストから外れますが、その後もプロミスからの借入れは難しくなります。プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行グループなので、同グループの三井住友銀行やモビットなどからの借入れも困難になる可能性があります。もちろん、ブラックリストから外れた以上、他社からの借入れはできますから、それほど不安になる必要はありません。

プロミスとは?(プロミスの会社概要)

1962年創業のプロミスは長年の実績がある大手消費者金融です。2000年代に入ってからは三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)と提携し、2012年にSMFGの完全子会社となった後、社名を「SMBCコンシューマーファイナンス」に変更しました。社名変更後も長年親しまれた「プロミス」というサービスブランド名で金融事業を行っています。
プロミスではフリーキャッシング(カードローン)のほか、借金一本化のためのおまとめローン、個人事業主向けの自営者カードローン、教育資金や結婚資金に使える目的ローンなど多彩なローン商品が用意されています。また、プロミスの店舗である「お客様サービスプラザ」では、金融セミナーや家計診断が実施されているほか、イベントスペースも無料開放されています。地域のコミュニケーション拠点としての役割も果たしながら、業界のイメージアップに大きく貢献している会社です。

商号:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
本社所在地:東京都中央区銀座四丁目12番15号
設立:1962年3月20日
資本金:1407億3700万円
登録番号:関東財務局長(11)第00615号
(SMBCコンシューマーファイナンスホームページより)

過払い金計算が無料
おすすめ弁護士・司法書士事務所
ランキング

  • No.1
  • 弁護士法人きわみ事務所

過払い金請求の基本情報